話し合いの手段を利用できる債務整理もある

subpage01

債務整理というとどのような手段が思い浮かぶでしょうか。
債務整理の代表的な手段には、借金を強制的に引き下げることが可能な自己破産や民事再生があります。
しかし、これらの手段がすべてではないということを知っておくことが大事なのです。



債務整理は、必ずしも裁判所を通した法的手続きをしなくてはいけないわけではないため、簡単に借金を減らすことが出来る手段もあります。



例えば、債務整理の中でも任意整理という手段は多くの消費者に使われている最良の手段です。



任意整理では、自己破産などと異なって厳格な適性判断が存在しません。



なぜ厳格な基準が存在しないのかというと、当人同士の話し合いによってどのくらいの借金の減額を実現させるかを決めることになるからです。借金の減額を決めるのはあくまでも債権者と債務者の同意だけであるため、裁判所の判断を仰ぐ必要がありません。
裁判所の判断を仰がなくても良いわけですから、強制的な法的手続きやその効果もないのです。


では、どのようにすれば任意整理の効果を発揮させることが出来るのでしょうか。



それは、債権者と債務者が契約に合意をした時なのです。

任意整理を行うときには、新しい契約の更改をしてその契約内容が今後の返済の指針となります。
新しい契約に減額の取り決めがあればそれを基準に返済すれば良いので、あくまでも契約の更改のみで決めることが出来るのです。こうした債務整理の手段は、様々なケースで重宝されています。



関連リンク

subpage02














破産が認められない時は別の債務整理をする必要がある

自己破産とは他の債務整理の手続きとは違って、首が回らない状態の借金を抱えているときに返済義務を免除してもらうことを目的として行う種類の手続きになります。ただし、自己破産を行った場合であっても、必ずすべての借金について支払いを免除してもらえると決まっているわけではなく、免責が認められない場合もあります。...

NEXT
subpage03














債務整理をした人が住宅ローンが組めるようになる期間

貸金業者などから多額の借金をしてしまったために、返済することが難しいときには債務整理という手続きを行うことで解決できます。債務整理には自己破産などの手続きがあるわけですが、これらの手続きを行ってから住宅ローンなどの重要な日常生活上のローンを組むことができるのか、気になる人も多いのではないでしょうか。...

NEXT