債務整理をすることでブラックリストに登録されます

subpage01

借金問題を解決できる種類として、弁護士などの専門家に法律相談をして行う債務整理というものがあります。



債務整理とは借金の支払いを免除してもらったり、支払いが可能な金額まで引き下げてもらうなどの交渉を弁護士にしてもらうことで、借金問題を解決する方法となります。



債務整理にはメリットが大きいですが、手続きを行うときにはそれぞれごとのデメリットについても把握しておく必要があります。



債務整理を行う上で最も大きなデメリットとしては、信用情報機関にブラックリストとして登録されることが挙げられます。



信用情報機関とは金融業者が債務者の情報の照会を受けて審査の情報を得る機関で、信用情報機関に債務整理を行ったブラックリストとして登録されている間は、金融業者の借り入れの申し込みを行っても審査を通過することができません。

日本で運営を行っている金融業者のほとんどは、信用情報機関に加盟をしていますので、借金問題を解決させるための手続きを行った人の情報をそれぞれの金融業者が共有していることになります。



さらに、信用情報機関に登録されている期間については、行った手続きによっても変わってきます。


任意整理を行ったときには5年間ほどで登録情報は消えますが、自己破産や個人再生を行ったときには情報が消去されるまで10年ほどかかると言われていますので、今後の生活においてローンを組むことが必要だと感じる人の場合には、できる限り任意整理を行うことがおすすめと言えるでしょう。



関連リンク

subpage02














破産が認められない時は別の債務整理をする必要がある

自己破産とは他の債務整理の手続きとは違って、首が回らない状態の借金を抱えているときに返済義務を免除してもらうことを目的として行う種類の手続きになります。ただし、自己破産を行った場合であっても、必ずすべての借金について支払いを免除してもらえると決まっているわけではなく、免責が認められない場合もあります。...

NEXT
subpage03














債務整理をした人が住宅ローンが組めるようになる期間

貸金業者などから多額の借金をしてしまったために、返済することが難しいときには債務整理という手続きを行うことで解決できます。債務整理には自己破産などの手続きがあるわけですが、これらの手続きを行ってから住宅ローンなどの重要な日常生活上のローンを組むことができるのか、気になる人も多いのではないでしょうか。...

NEXT