債務整理をした人が住宅ローンが組めるようになる期間

subpage01

貸金業者などから多額の借金をしてしまったために、返済することが難しいときには債務整理という手続きを行うことで解決できます。

債務整理には自己破産などの手続きがあるわけですが、これらの手続きを行ってから住宅ローンなどの重要な日常生活上のローンを組むことができるのか、気になる人も多いのではないでしょうか。
債務整理を行った場合でも、将来的には住宅ローンを組めるようになります。



しかし、住宅ローンの借り入れを行うときには、銀行などに申し込みを行って審査に通過する必要があります。



銀行などは個人信用情報と取り扱っている信用情報機関に問い合わせを行うことによって、個人の信用情報の確認を行います。



任意整理をしたときには信用情報機関において5年間ほどの登録が行われ、自己破産をしたときには登録機関は10年間ほどとなります。



ですので、任意整理をしたときにはその後の5年間、自己破産や個人再生を行ったときにはその後の10年間において、住宅ローンの申し込みをしたとしても銀行の審査を通過することは難しいと言えます。



一定期間が経過して信用情報機関への登録情報が消された後になれば、任意整理や自己破産などの債務整理を過去に行っていた場合であっても、審査を通過することができるようになります。債務整理を行いたいと考えている債務者が住宅ローンを抱えているときには、自己破産を行うのであれば財産の処分が必要になりますが、個人再生の手続きであれば住宅ローン特別条項を利用できるために、住宅を持ちながら借金の返済を継続していくことが可能です。



関連リンク

subpage02














破産が認められない時は別の債務整理をする必要がある

自己破産とは他の債務整理の手続きとは違って、首が回らない状態の借金を抱えているときに返済義務を免除してもらうことを目的として行う種類の手続きになります。ただし、自己破産を行った場合であっても、必ずすべての借金について支払いを免除してもらえると決まっているわけではなく、免責が認められない場合もあります。...

NEXT
subpage03














話し合いの手段を利用できる債務整理もある

債務整理というとどのような手段が思い浮かぶでしょうか。債務整理の代表的な手段には、借金を強制的に引き下げることが可能な自己破産や民事再生があります。...

NEXT